男の人

不動産投資セミナーに無料で参加|講義をチェック

家賃収入を得る

お金

マンションやアパートの経営を行うためには、入居者を集めてそこから家賃収入を得る必要があります。入居者が増えることで家賃収入も増え収益を得ることができるのです。しかし、マンションやアパート経営には、入居者が集まらない空き室リスクが発生する可能性があるため、簡単に収入を得ることはできません。この空き室リスクによる被害を最小限に抑えるためにも必要になるのが家賃保証です。賃貸管理会社などの多くが、実施している家賃保証。この保証は、経営しているアパートやマンションに入居者が集まらない際に、代わりに管理会社から家賃の約90%ほどの額を受け取ることができるものです。このため、空き室によるトラブルを防ぐことができるのです。

どのような管理会社に家賃保証をしてもらうかによって、保証制度の内容が変わってくることがあります。このため、保証期間や保証率、管理代行の仕組みなどを把握して、契約することが大切です。保証内容によっては、より家賃の全額に近い金額を受け取ることができます。管理会社に任せることで、入居者の募集などを代行してもらうこともできるため、空き室が発生することを防ぐこともできます。このため、アパートやマンションの経営を行うのであれば、家賃保証を活用してみるのも一つの方法といえるでしょう。管理会社に依頼すると、もちろん手数料がかかります。入居者を集めても、そこから得られる家賃の10%ほどは手数料として管理会社に支払わないといけないため、把握しておくことが大切です。